ランタン博物館コールマン研究所コールマン関連リンクこのサイトについてサイトの玄関へ戻る
 
シングルマントル
ダブルマントル
image
500、501、502シリーズ
576、505、400シリーズ
その他
 
 

Model 530 (GI Pocket Stove)

※下の写真はクリックすると拡大します。(ブラウザの「戻る」で戻ってください)

年代

解説


#530
1946年〜1948年

軍用に開発されたM-1941 Model 520の民生用ストーブ。
G.I. ポケット・ストーブの名で売り出される。
ブラスにクロームメッキされたタンクは、520の後期型(鉄タンク)より錆びにくく丈夫で、火力が安定するのも早い。
その他、520との違いは、折り畳み式の足がないことと、プレヒート用の受け皿がないこと。

左の写真をクリックするとケースとパーツが見られます。


Handy Gas Plant
※下の写真はクリックすると拡大します。(ブラウザの「戻る」で戻ってください)

年代

解説


#457G
Handy Gas Plant
調査中

ハンディとは名ばかりの、この巨大なシングル・バーナーは、意外と古い歴史を持っている。
大きさや、種類にも色々なタイプがあったようだが、1932年のパーツ・カタログには、仲間のModel 5052の記載がある。

(タンクの直径は305mm、全体の高さは400mm)



巨大なバーナー部


ラベル


Solus
※下の写真はクリックすると拡大します。(ブラウザの「戻る」で戻ってください)

年代

解説


Solus
調査中
ヨーロッパ・スタイルの手軽なストーブとして、売り出される。
燃料はケロシンを使用する。

 

 
ランタン博物館コールマン研究所コールマン関連リンクこのサイトについてサイトの玄関へ戻る